【秋川牧園お試しセットレビュー】冷蔵セットと冷凍セットを食べ比べてみました。

【秋川牧園お試しセットレビュー】冷蔵セットと冷凍セットを食べ比べてみました。

もうスーパーの鶏肉は食べられないね」

それが秋川牧園の鶏もも肉を食べた妻の感想でしたが、私も同じことを思いました。

この日、注文しておいた秋川牧園のお試しセットが届いたので、秋川牧園の鶏もも肉とスーパーで買ってきた100g98円の鶏もも肉を食べ比べてみることに。

当然、秋川牧園の鶏もも肉のほうが美味しいであろうことは予想できたのですが、味以上に違ったのは臭い。秋川牧園の鶏もも肉はまったく臭みがありませんが、スーパーで買ってきた鶏もも肉は臭い。食べ比べてみると、より一層その臭いが引き立つのです。

この臭いの原因は、鶏の飼育環境や食べているエサ(飼料)、抗生物質にあるそうです。私たちが「もうスーパーの鶏肉は食べられない」と思ったのは、劣悪な飼育環境を想像してしまったことも大きい⋯⋯。私たちが普段食べている鶏肉は、窓も明かりもない暗い鶏舎にぎゅうぎゅう詰めにされ、動物性飼料と抗生物質でたった約45日間で育てられた鶏肉なんです!

一方で秋川牧園は鶏のエサからこだわり、動物性の原料を一切含まない「全植物性飼料」を開発。自然の光が入る開放的な鶏舎で、抗生物質を一切使わない「無投薬飼育」で鶏を育てています。 秋川牧園の鶏もも肉に臭みがないのは、 やはりエサと飼育環境の違いからでしょう。

秋川牧園のお試しセットでは、鶏もも肉の他にたまごや無農薬野菜、チキンナゲットやヨーグルトなどの加工品もお試しすることができます。1,980円(税込)の冷蔵セットと2,480円(税込)の冷凍セットの2種類があり、どちらも送料無料。せっかくなので両方を注文してみることにしました。

秋川牧園お試し冷蔵セットの内容

秋川牧園の冷蔵セットの内容

秋川牧園の冷蔵お試しセットは、無農薬野菜4点、若鶏もも肉、 秋川たまご6個、 プレーンヨーグルトがセットになっています。

無農薬・無化学肥料栽培の野菜が美味しい

無農薬野菜は旬のお野菜が届くので時期によって異なりますが、10月上旬に注文した私のもとには、なす、かぼちゃ、ピーマン、小松菜の4点が届きました。

秋川牧園お試し冷蔵セットの無農薬野菜4点

見た目もきれいで美味しそう!私も家庭菜園で無農薬野菜を育てていますが、農薬を使わないとすぐに虫に食べられてしまうので、きれいな野菜を収穫するのって本当に大変なんです。「相当な手間をかけているんだろうな」と想像できます。

秋川牧園の無農薬野菜のラベル

野菜のラベルには「化学合成農薬・化学肥料は使っておりません」の文言と生産者のお名前。 秋川牧園は農薬だけでなく、化学肥料も一切使っていないんです!化学肥料を使ったほうが効率的に野菜を生産できるんですが、土の微生物を減らしたり、人体に害のある硝酸態窒素が野菜に多く残留したりするリスクも高くなってしまいます。そのため、秋川牧園は土づくりからこだわり、無農薬・無化学肥料栽培で安心・安全な野菜を育てているんですね。

実際のお味はと言うと、小松菜はおひたし、なす、かぼちゃ、ピーマンはシンプルに鉄板で焼いて頂きましたが、とても美味しかったです!(語彙力)

食べ比べるとわかる!臭みのない美味しい鶏もも肉

秋川牧園の若鶏もも肉(冷蔵)

私たちに「もうスーパーの鶏肉は食べられない」と言わしめた鶏もも肉。秋川牧園では「全植物性飼料」と「無投薬飼育」により、臭みのない美味しい鶏肉を生産してしています。

私たちが普段食べている鶏肉は、非常に劣悪な環境で育てられた鶏のお肉。コストを抑えて効率よく鶏肉を生産するために、1坪(畳2枚)あたり50羽以上もの鶏を押し込み、鶏がじっとして動かないように窓のない暗い鶏舎で育てられます。鶏を早く太らせるために、エサには動物性飼料を使用。動物性飼料の原料は、鶏肉として処理された後に残った羽根や油脂、血液などで、残留農薬の心配もあります。さらに、ぎゅうぎゅう詰めの環境では病気も発生しやすくなるため、数種類の抗生物質も投与。そのような環境で育てられ、たった約45日間で出荷される鶏肉を私たちは食べているんです。想像するだけでゾッとしますよね⋯⋯。

秋川牧園では、動物性の原料を一切含まない「全植物性飼料」を開発。生産性は大きく下がってしまいますが、臭みがなくなり、確かな安全と美味しさにつながっています。また、自然の光が入る開放的な鶏舎で、抗生物質を使わない「無投薬飼育」にも成功。ストレスのない自然な環境で育てられるんです。

ぎゅうぎゅう詰めにされて動物性飼料と抗生物質で生産された鶏肉と、開放的な環境で植物性飼料で生産された無投薬の鶏肉、あなたはどちらを食べたいですか?食べ比べてみると後者のほうが圧倒的に美味しいので、秋川牧園のお試しセットでぜひ一度味わってみてください!

秋川たまごも全植物性飼料、無投薬飼育で美味しい

秋川牧園の秋川たまご

秋川たまごももちろん全植物性飼料、無投薬飼育で育てられた鶏の卵。飼料原料はすべてnon-GMO(遺伝子組み換えでないもの)、ポストハーベスト無農薬のものを使用するという徹底ぶりです。

ポストハーベスト農薬とは、 輸送中に作物が虫に食べられるのを防ぐために、収穫後の作物に直接ふりかけられる農薬のこと。濃度が高く、分解もされづらい上、私たちが口にする直前に散布されているので人体への影響が心配ですよね。

秋川牧園では、鶏の飼料にもポストハーベスト農薬が使われていないものが使用されています。そのため、鶏肉や卵にポストハーベスト農薬が残留してしまう心配がありません。秋川たまごは、安心して食べられる卵なんです。

秋川たまごの中身

秋川たまごは、鮮やかな黄色い卵です。卵の色はエサによって変わるそうですが、秋川たまごは全植物性飼料の色ということですね。

秋川たまごと普通の卵の比較

スーパーで売っている10個148円の卵と比較してみると、秋川たまごのほうが黄身の色が薄く、白身の色が濃いですね。

秋川たまごの弾力

お箸で持ち上げることはできませんでしたが、かなり弾力があります。スーパーで売っている卵と比べると、黄身の弾力だけでなく、白身もドロッとして濃厚な感じです。

秋川たまごと普通の卵を食べ比べ

卵焼きにして食べ比べてみました。見た目がいまいちなのは置いといて、秋川たまごのほうが濃厚な味で美味しい!スーパーで買ってきた卵も十分美味しいんですが、秋川たまごと比べると淡白に感じられました。

ちなみに、黄身が赤っぽい卵もありますが、パプリカや唐辛子を原料とする飼料を食べていると、赤系の黄身になるそうです。なんとなく赤系のほうが栄養価が高くて、美味しそうなイメージがありませんか?実はこれ、どっちの色が良いってことはないんです。秋川たまごは黄色系ですが、とても美味しいですよ!

秋川ヨーグルトもこだわりの逸品

秋川ヨーグルトのパッケージ

秋川ヨーグルトもこだわりの逸品!箱型じゃない変わったパッケージですが、これが意外と使いやすく、横向きにも置けるので冷蔵庫での保存もしやすいです。

秋川ヨーグルトの中身

このように口が大きく開くので、中身も取り出しやすいですよ。

秋川ヨーグルトのパッケージ裏面

原材料は牛乳のみとシンプル。鶏と同じように、non-GMO(非遺伝子組み換え)、ポストハーベスト無農薬の飼料で飼育された乳牛から絞られた牛乳を使用しています。牛乳の殺菌方法にもこだわり、 75℃で15分間とじっくりと温めて殺菌。秋川牧園でいろいろ試してみた結果、一番美味しいのが75℃という温度だったそうです。一般的な牛乳は、120℃で2秒といった高温、短時間で殺菌を済ませます。高温で殺菌するほうが効率は良くなりますが、タンパク質やビタミン類などが熱で破壊されてしまうため、牛乳本来の美味しさが落ちてしまうんですね。

秋川ヨーグルトを実食

実際に食べてみると、そのままでも酸っぱくなくて美味しいです。ヨーグルトの酸味が苦手な方でも、これなら美味しく食べられるかもしれません。

秋川ヨーグルトにあんずジャムを添えて実食

自家製のあんずジャムを添えると絶品!毎日食べても飽きないですね♪

秋川牧園お試し冷蔵セットは送料込みで1,980円(税込)

秋川牧園の冷蔵セットの内容

秋川牧園のお試し冷蔵セットは、無農薬野菜4点、若鶏もも肉、 秋川たまご6個、 プレーンヨーグルトがセットで1,980円(税込)。 送料も無料なので、気軽にお試しできますよ。安心・安全な食べ物の味を、あなたもぜひ確かめてみてくださいね!

秋川牧園お試し冷凍セットの内容

秋川牧園の冷凍セットの内容

秋川牧園のお試し冷凍セットは、若鶏もも肉(冷凍)、黒豚ロースしゃぶしゃぶ用(冷凍)、無添加冷凍食品(チキンナゲット、からあげ、チーズささみロール)がセットになっています。

若鶏もも肉は冷蔵セットと同じお肉ですが、賞味期限が長く、使いたい時に解凍して使えるのが便利ですね。豚肉は最上級といわれるバークシャーという種類の黒豚のお肉。秋川牧園の全植物性飼料で育てられた安心・安全な豚肉です。鶏肉と同じように臭みがなく、スーパーで買える豚肉とは風味が全然違いますよ。

一番人気はこだわりのチキンナゲット

秋川牧園の無添加冷凍食品3点セット

秋川牧園のお試し冷凍セットで目玉ともいえるのが、無添加冷凍食品の3点セット。これはぜひ食べてみて欲しいんですが、本当に美味しいんです!

特に「こだわりのチキンナゲット」は、秋川牧園の中でも一番の人気商品!

秋川牧園のチキンナゲットのパッケージ裏面

化学調味料を使わないシンプルな味付けで、マスタードやケチャップを付けなくても、そのままでも美味しいです。

秋川牧園のチキンナゲット

このようにお皿に並べて、ラップはかけずにレンジ(500W)で1分40秒。形や大きさにちょっとバラツキがありますが、これはお肉を切るところから味付けまで手作業で行っているから!効率よりも美味しさや品質にこだわる秋川牧園ならではですね。おかずの一品やお弁当のおかずに、秋川牧園のチキンナゲットはおすすめですよ♪

秋川牧園お試し冷凍セットは送料込みで2,480円(税込)

秋川牧園のお試し冷凍セットは、 若鶏もも肉(冷凍)、黒豚ロースしゃぶしゃぶ用(冷凍)、無添加冷凍食品(チキンナゲット、からあげ、チーズささみロール)がセット で2,480円(税込)。もちろん送料も無料です。どれも美味しいので、ぜひ食べてみてくださいね!

秋川牧園の鶏もも肉とスーパーの鶏もも肉を食べ比べてみました

秋川牧園の鶏もも肉とスーパーの鶏もも肉

秋川牧園の鶏もも肉は美味しいのか、スーパーで100g98円の鶏もも肉と食べ比べてみました。

秋川牧園の鶏もも肉(冷蔵)は皮が剥がれない

秋川牧園の鶏もも肉(冷蔵)

まず、こちらが秋川牧園の冷蔵セットの鶏もも肉です。見るからに美味しそうなお肉ですが、肉質が柔らかくて切りやすいです。特に鶏皮が固くしっかりと付いているので、切る時に剥がれにくいのは普通の鶏肉と違うなと思いました。

冷凍セットの鶏もも肉は食べる前日から冷蔵庫へ

秋川牧園の鶏もも肉(冷凍)

続いてこちらは冷凍セットの鶏もも肉。当日の朝に冷蔵庫で解凍させていたのですが、まだ中の方はちょっと凍ってました。食べる前日から冷蔵庫へ移しておくのが良さそうです。

スーパーの鶏もも肉は切りにくい

スーパーの鶏もも肉(100g98円)

そしてこちらがスーパーで100g98円で売られている鶏もも肉です。ちょっと赤みが薄い気もしますが、見た目にはそこまで変わりありません。でもヌルヌルして鶏皮が剥がれやすいので、秋川牧園の鶏もも肉と比べると切りにくいですね。

塩焼きにして食べ比べてみました

秋川牧園の鶏もも肉とスーパーの鶏もも肉を食べ比べ

3種類の鶏もも肉をシンプルに塩焼きにして食べ比べてみました。まず、焼き色は明らかに秋川牧園の鶏もも肉のほうがいいですね。スーパーの鶏もも肉は焼くと赤くなり、中身が抜けたようなしぼんだ感じになります。

実際に食べてみても、秋川牧園の鶏もも肉のほうがプリプリでジューシー。そして味以上に違ったのが臭いでした。やはり動物性飼料や抗生物質のせいなのか、スーパーの鶏もも肉は臭みがあります。一方で秋川牧園の鶏もも肉はまったく臭みがなく、臭いで味が変わるとも言いますが、スーパーの鶏もも肉よりも断然美味しいです。

ちなみに、秋川牧園の冷凍の鶏もも肉も臭みがなく美味しいです。やっぱり冷蔵のほうが新鮮な感じがして美味しいですが、冷凍してもそこまで劣化していないように思います。どちらも美味しいので、ぜひお試しセットで味わってみてくださいね!

冷蔵セットと冷凍セットはどっちがおすすめ?

秋川牧園のお試しセットは、冷蔵セットと冷凍セットの2種類。セット内容と価格はこちらです。

冷蔵セット 冷凍セット
内容

無農薬野菜4点
若鶏もも肉
秋川たまご6個
プレーンヨーグルト

若鶏もも肉(冷凍)
黒豚ロースしゃぶしゃぶ用(冷凍)
無添加冷凍食品(チキンナゲット、からあげ、チーズささみロール)

価格 1,980円 2,480円

※価格は税込み。送料無料。

お試しセットはお一人様1回限り

秋川牧園のお試しセットを注文できるのは、お一人様1回限りです。例えば、冷蔵セットを注文した場合は、後から冷凍セットもお試ししたいと思っても注文できません。そのため、冷蔵セットと冷凍セットを両方注文するのがおすすめです。2セット合わせても4,460円(税込)の送料無料。とてもお得なセットですので、両方頼んでも損はないと思いますよ!

秋川牧園の資料・商品カタログも付いてくる

秋川牧園の資料・商品カタログ

お試しセットには秋川牧園の資料や商品カタログも付いてきます。食品だけでなく、雑貨や化粧品など自然に優しい商品を多数取り扱っていて、見ているだけで楽しいカタログですよ。

「口に入るものは間違ってはいけない」という信念のもと、安心・安全な食べ物づくりを追求し続けている秋川牧園。お得なお試しセットで、あなたもぜひその味を確かめてみてくださいね!